ニキビの種類

ニキビは誰にでも出来るものであることはよく知られていますが、そこに複数の種類があるということはあまり知られていません。どうしてかというと、ニキビという症状自体に違いがあると言うよりも、その原因やバックグラウンドの方に種類があるからと言えるからです。例えば今回上げる思春期ニキビや大人ニキビというのはそれ自体に症状の特徴があると言うよりは、そのなりやすさや背景の方に重点があるからです。具体的な差異がない以上、ニキビであることは間違いなく、その上で違いがあると言うことです。

ニキビは大人の時にできたものほど重症化しやすいと言うのが挙げられます。これは大人になるほど、肌の新陳代謝も遅くなってしまうからです。治りにくい上に、社会的にもニキビがストレスになりやすいと言ったことが挙げられます。これは思春期にできたニキビが自然に治っていくように大人ニキビも治れば問題はありません。

しかし、治らない場合にはそれを回復させる必要があります。例えば、クレーターと呼ばれる状態に肌がなった場合、それがニキビに起因していることは少なくありません。そうなると、肌を再生させるのはかなり難しく、ニキビを治療しても痕が残ってしまう可能性があるのです。こうしたニキビの負の側面を綺麗に治すためには、しっかりと病院で治療を受ける必要があるのです。

Bookmark the permalink.

Comments are closed